新型コロナウィルスに関する弊社対応方針について

/ お知らせ

新型コロナウィルス感染が日本のみならず世界的に広まっている中、弊社におきましては、日常の予防策(石鹸による手洗い、アルコール消毒、マスク着用の励行など)に加え、全社で必要に応じて時差出勤、テレワークまたはその併用を実施しております。
弊社の対応策につきましては、下記の通りです。各位(各社)から弊社にお越し頂く皆様にも政府が奨励するウイルス予防指針に基づき、ご自分の健康管理など徹底して頂くよう、ご理解とご協力をお願い致します。

1.弊社の従業員の感染予防対策について

日常の留意事項

出社時、帰社時、帰宅時をはじめとした、こまめな石鹸による手洗い(アルコール消毒)、うがいの励行とマスクの着用を推奨する。
出社前に発熱が認められた場合には、下記「2.従業員が発熱した場合」に従う。
公私ともに人混みの多い場所、感染発生地域等は極力避ける。外出や公共交通機関を利用する場合は十分な感染予防対策をする。

会議について

大人数の会議については、緊急性を伴わない限り、社内・社外を問わず延期等により実施を見合わせる。

セミナー、イベント等について

当社主催、又は共催のセミナーは、当面開催を見合わせる。業務遂行上必須のもの、取引関係上欠席できないものを除いて、参加を見合わせる。

移動・出張について

緊急性のない国内・海外出張は、いずれも原則禁止とする。

2.従業員が発熱した場合

37.5 度以上の発熱がある従業員(平熱が低い者についてはそれ以下でも適用)は、出勤前であれば自宅待機とする。就業中の場合、即時帰宅する。軽度の発熱(37 度台)であれば自宅療養に努める。

3.家族等同居者が発熱した場合

家族等同居者(別居家族等であっても直近濃厚接触後 14 日を経過していない場合を含む)が海外からの帰国後、または家族等同居者の接触者に新型コロナウィルス感染者がいる可能性がある場合において、家族に 37.5 度以上の発熱がある場合は、出社はせず必要に応じて医療機関を受診する。

以上