次世代型マイグレーションサービス「MMS※1 for RAD」を11月から提供開始

/ プレスリリース/メディア掲載

東京システムハウス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:林 知之、以下「TSH」)とアライズイノベーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩澤 仁、以下「アライズ」)は、超高速開発※2を活用してレガシーアプリケーションの移行を実現するマイグレーションサービス「MMS for RAD」を、11月から提供いたします。

1.サービスの背景及び趣旨

多くの企業ではITへのコスト削減とROIを高めたいと考えており、近年これを実現するための手段として超高速開発への注目が高まってきております。
TSHでは、過去20年で200社以上の企業に対し、基幹システムを継承するサービス『メインフレーム・マイグレーション・サービス(MMS)』を提供してきました。
長年にわたるマイグレーションの経験とノウハウを活用し、かつ今夏に設立した合弁会社アライズと協業することで、基幹システムの継承に超高速開発を活用するサービスを「MMS for RAD」として提供することといたしました。

2.ソリューション概要

基幹システムを移行する手段に超高速開発を用います。これにより、アプリケーションの継承はもちろん、その後の維持・拡張においても安価で高品質、かつ迅速に行うことができます。
また企業のニーズに合わせて、適切な超高速開発の手法をご提案、導入いたします。

具体例 1)
国産メーカー製オフコンの簡易言語※3の移行に、マジックソフトウェア・ジャパン社の超高速開発ツール「Magic xpa」を活用します。オフコン特有の画面やデータ形式を維持した移行が可能です。TSHでは、簡易言語の定義を「Magic xpa」の定義に機械的に変換できるコンバージョンサービスの提供を予定しています。

具体例 2)
オープンレガシー※4と呼ばれる基幹システムの刷新に、ジャスミンソフト社の超高速開発ツール「Wagby」を活用します。TSH及びアライズではWagbyエキスパート認定技術者が複数名在籍しており、高い技術力で企業のニーズに合わせたシステムの刷新を実現いたします。

3.今後の予定

「MMS for RAD」は、TSHより2016年11月から順次提供を開始する予定です。2020年までに50社の導入を目指します。
また、2016年10月7日(金)にTSH主催のセミナー「MMSフォーラム2016」では、超高速開発ツール「Wagby」を用いたマイグレーションプロジェクトの事例発表と、「Wagby」のデモを展示いたします。

以上

 

【株式会社ジャスミンソフトからのエンドースメント】
株式会社ジャスミンソフトは、東京システムハウス株式会社とアライズイノベーション株式会社のマイグレーションソリューション「MMS for RAD」の発表を歓迎いたします。これまでも両社の事業分野において、超高速開発ツール「Wagby」との連携を推進し、WEBシステムの刷新など、既存の資産を継承した柔軟な開発を実現してまいりました。
この度発表される「MMS for RAD」につきましても、これまで培われてきた経験を活かし、エンタープライズ向けクラウドビジネスの更なる展開を推し進めていくものと期待いたします。当社は、超高速開発ツールのひとつとして「Wagby」を提供させていただき、積極的な技術協力をすすめ、「MMS for RAD」を支援してまいります。

株式会社ジャスミンソフト
代表取締役 贄 良則

【マジックソフトウェア・ジャパン株式会社からのエンドースメント】
マジックソフトウェア・ジャパン株式会社は、東京システムハウス株式会社とアライズイノベーション株式会社による超高速開発ツールを活用した新たなレガシーマイグレーションサービス「MMS for RAD」の発表を歓迎いたします。
国内・海外ともにメインフレームからの移行を含む基幹システム構築実績が豊富な「Magic xpa」をご活用いただくことで、多くのオフコンユーザー様にITコストの適正化と、企業競争力の維持・継承、及び環境変化への素早い対応力という様々なベネフィットをご提供できます。
当社は、「Magic xpa」の製品、サービスを提供するとともに、東京システムハウス株式会社とアライズイノベーション株式会社との協業によるレガシーマイグレーションビジネスを積極的に推進してまいります。

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
代表取締役社長 佐藤 敏雄

【東京システムハウス株式会社】
<会社概要>
代表者氏名:代表取締役社長 林 知之
設立年月 :1976年11月
資本金  :1億7,990万円
会社所在地:東京都品川区西五反田7-1-10 ユーズワンビル

【アライズイノベーション株式会社】
<会社概要>
代表者氏名:代表取締役社長 岩澤 仁
設立年月 :2016年7月
資本金  :8,000万円
会社所在地:東京都中央区勝どき3-12-1 フォアフロントタワー

※1【MMS:メインフレーム・マイグレーション・サービス】
TSHが提供する、メインフレーム上のCOBOL資産をオープン環境に移行するレガシーマイグレーションサービス。アプリケーションの変換をはじめ、コンサルティングや技術支援等、マイグレーションに関わるサービスを体系化して提供。導入実績は200件を超える。

※2【超高速開発(Rapid Application Development:RAD)】
業務アプリケーションの開発工数を短縮する開発支援ツール、及び開発手法の総称。高い生産性、従来のシステム開発が抱えている課題の解決を図ることが出来る。

※3【簡易言語】
ある機能を実現するための簡単な命令群、または専用のプログラミング言語。提供するメーカーが定めた独自の定義や記述を行うことで、アプリケーションを容易に作成することができる。

※4【オープンレガシー】
オープン環境で時代遅れとなった古いシステム。ダウンサイジングやマイグレーションでWindows/UNIX等の環境でシステムを構築したものの、メーカーの保守切れやバージョンアップに対応しきれず塩漬けにされているシステムが近年増えてきている。

 

【本件に関するお問い合わせ】
東京システムハウス株式会社
マイグレーションソリューション部
TEL:03-3493-4604
e-mail:mms@tsh-world.co.jp

アライズイノベーション株式会社
TEL:03-5534-9967
e-mail:info@ariseinnovation.co.jp

※本文中の社名、商品名は各社の商標、または登録商標です。
本プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更される可能性があります。