AI×OCR 「AIRead」

FAXや書類等の文字を人工知能(AI)で文字認識し、データ化(OCR)するソリューション。
手書き文字、活字の読み取りに対応しています。
読み取り項目の位置ずれや複数フォーマットの書類の読み取りが可能です。

POINT1

誤判定した文字を
AIが学習して文字認識精度向上

POINT2

非定型の書類をAIが
学習して文書判定が可能

POINT3

業務を円滑にして
データ入力のミスや工数を削減

システム概要
System Outline

機能紹介
Function

文字認識(OCR):活字の読み取り

プリンタ等で印刷された活字を読み取り、データ化します。
画像にある文字を全文スキャンする形で読み取ります。
読取精度:~99%

文字認識(OCR):手書き文字の読み取り

手書きで書かれた文字を読み取り、データ化します。

読取精度:
英字、数字、記号    ~99%
平仮名、カタカナ、漢字 88.2%※(2019/4/1現在)

※文字の学習機能を提供しております。
実際の文字を学習させることで、読取精度を向上させることが可能です

データ自動抽出

異なるフォーマット(書式)であっても、キーワードを指定することで、そのキーワードに関連するデータを取得することができます。
データの位置にずれがある書類や、複数フォーマットある書類に対応できます。
事前の読取位置(座標)の指定は不要です。

データ閲覧/編集

読取結果のデータをWebブラウザから閲覧・編集可能です。
オプションで閲覧・編集画面設計機能(AIRead Screen Designer)をご提供します。

手書き文字の学習

誤判定した文字は、その文字画像と正解データを教師データとして学習させることで精度が向上します。
AIRead Train Studio HW(GUI)で直感的に教師データを追加学習させることができます。
※本機能は、手書き画像のみの対応となります
※自動学習を実現するには、閲覧・編集画面と連携し、NG画像と正解データの取得ができる前提です

活字の学習

書類に頻出する単語(業界専門用語・製品名など)や書類に使用されているフォントは、AIReadに学習させることで精度が向上します。
AIRead Train Studio(GUI)で頻出単語やフォントデータを追加学習させることができます。
※本機能により単語を学習させることで、別の単語の読取精度が落ちる可能性があります
※本機能は手動での学習のみとなります

RPA 連携による業務効率化

AI OCR(AIRead)とRPA(WinActor等のツール)を連携させることで、さらなる業務効率化を実現できます。

データ連携

AIReadをバッチ形式で利用する場合、AIRead ETL Optionを活用することでより効率的な実装が可能です。

ユースケース
Use Case

企業または業種 業務内容 読取書類 詳細
日本紙パルプ商事株式会社 受発注業務
貿易業務
注文書
Invoice, Packing List
詳細はこちら
岡谷薄板販売株式会社 FAX受注業務 注文書(FAX、PDF) 詳細はこちら
セイコーエプソン株式会社 知財管理業務 特許関連書類 詳細はこちら
商社 貿易業務 Invoice, Packing List
卸売業 受発注業務 FAX注文書
金融業 融資・審査業務 決算書(B/S、P/L)、勘定科目内訳明細書
データ入力代行業(BPO) データ入力業務 FAXお届明細書
卸売業 仕入業務 請求書
小売り業 伝票入力業務 チェーンストア統一伝票
サービス業 マーケティング業務 アンケート用紙

OEMやサービスへの組み込みにも対応しています。詳細はお問合せ下さい。

今後も順次導入事例を公開いたします!

製品リーフレット
AIRead Product Leaflet

事例リーフレット
日本紙パルプ商事様
受発注業務自動化事例

事例リーフレット
岡谷薄板販売様
FAX受注業務自動化事例

事例リーフレット
セイコーエプソン様
知財管理業務自動化事例

お問い合わせ
Contact

※価格はお問い合わせください。
※”AIRead”のロゴ及び商品名はアライズイノベーション株式会社の登録商標です(特許庁登録第6029981号)。