RPA

RPA(Robotic Process Automation)とは、ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用してホワイトカラー業務(事務業務)を効率化・自動化する仕組みです。

主な利用シーン
  • 業務改善(自動化・効率化)
  • 業務ノウハウをRPAへ蓄積・活用
  • 一時的な業務への対応
導入のメリット
  • 業務の自動化による業務効率UP
  • 人的ミスの削減で業務品質を向上
  • 既存システムはそのまま導入可能

ツール紹介:WinActor

NTTで開発された、クライアントPC型のRPAツール。Windows PC 上で行う様々な操作を、「シナリオ」として記録し自動で操作。定型的な繰返し作業や、大量データを扱う作業を、正確に再現することが可能。

WinActor使用方法

シナリオはマウス操作で作成ができ、プログラミング等の特別な知識が無くても作成が可能。分かりやすい日本語表記と豊富なツール(部品)で作成をサポート。

1.シナリオ自動記録

元となる業務を実施すると操作をWinActorが記録し、シナリオのひな型を自動で作成。

2.シナリオ編集

シナリオの編集はマウスで簡単操作。分岐や条件などの部品・操作ライブラリも充実。

3.シナリオ実行

実行ボタンを押すだけで作成したシナリオ通りに自動で業務を再現。

 

WinActor特徴

クライアントPC型&低価格

  • 大規模から現場ベースの細かな業務まで対応
  • エントリーモデル、スモールスタートにも最適

日本企業向けの使いやすさ

  • 日本語表記の操作画面、マニュアル
  • きめ細やかなシナリオ作成ツール

国産製品ならではの安心

  • 弊社からの丁寧&安心の導入支援・保守サポート
  • 無償の評価版をご提供(利用期限1ヶ月間)

 

RPA × AI 活用例

RPA(定型作業自動化ルールベース)とAI(判断作業効率化学習ベース)の組み合わせが相乗効果を発揮します!

WinActorとAIReadの組み合わせ例

RPAツール(WinActor)とAI OCR製品(AIRead)を連携させることで、さらなる業務効率化を実現できます。